NCHソフトウェアホームページ
ホーム | ダウンロード | サポート | 製品情報 | サイトマップ

パブリックインターネットからコンピュータへのアクセスを可能にする

PCへの接続とアドレス


このページでは、サーバベースのアプリケーションへのリモートアクセスに関するトラブルシューティング用のチュートリアル 「パブリックインターネットからコンピュータへのアクセスを可能にする」から「IPアドレス」に関するビデオの内容をお読みいただけます。


静的IP、動的IP、およびドメイン名について

サーバベースのアプリケーションを使用する際のIPアドレスを理解するうえで最も重要なポイントは、IPアドレスは固定することが望ましいということです。このチュートリアルではIPアドレスを変更することのデメリットと、アドレスが変更されないようにする方法について説明します。この概念をご理解いただくと、ポート開放などその他の項目についても理解しやすくなります。

パブリックIPアドレス

IPアドレスとは、簡単に言うと電話番号のようなものです。誰かと電話で話をしたいときには相手の電話番号に電話をかけます。コンピュータの世界では、あるコンピュータが他のコンピュータと話をしたいときにはIPアドレスを使って電話をかけるということになります。電話番号と同様に、IPアドレスも番号は同じものが存在しません。

しかし、電話番号と違って、コンピュータのIPアドレスは予告無く変更されるタイプのものがあります。こうしたタイプのIPアドレスを 動的IPと呼びます。動的IPアドレスは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)により、主に「必要に応じて」割り当てられます。お使いのコンピュータでインターネットに接続を行う場合、接続中に使うIPアドレスが割り当てられます。ISPごとに定められた一定の期間コンピュータがIPアドレスを使用しなかった場合、また場合によってはコンピュータ起動時ごとに、IPアドレスは別のコンピュータに割り当てられます。このため、お使いのコンピュータで再度インターネットに接続する際は、前回と同じIPアドレスが割り当てられているとは限らないということになります。

電話番号の例で考えて見てください。もし動的IPのように電話番号が毎回変わっていたら、電話をかけることがどれほど困難になるかがお分かりいただけるかと思います。 まず、常に新しい電話番号を周りに知らせる必要があります。また、誰かがあなたに電話をかけようとした場合、正しい番号にかけているのかどうかが全くわからないだけでなく、電話がつながらないことから、あなたの会社は廃業したのだと思われてしまう可能性まであります。同じことがIPアドレスでも言えます。もしIPアドレスが常に変わっていたら、取引先やその他のユーザーはアプリケーションに到達することができなくなってしまいます。

これが最悪のケースです。多くのブロードバンドISPは「スティッキー」動的IPアドレスを提供しており、一定回数使えるアドレスを貸し出しています。貸し出し回数を超えた後も、通常は同じIPがコンピュータに割り当てられるため、比較的安定したIPアドレスでコンピュータを使用できます。IPアドレスの割り当て方法、およびアドレスの変更頻度についてはお使いのISPにお問い合わせください。

ネットワーク用に動的DNSまたは静的IPを入手する。

動的IPアドレスの使用に懸念がある場合は、静的(固定)IPと呼ばれるタイプのアドレスを使うことができます。静的IPは変更されません。静的IPは、お使いのISPが静的IPを扱っていれば、通常有料で入手することができます。もう1つの方法は動的DNSサービスを使用するという方法です。DNSはdomain name system(ドメイン名システム)の略で、動的DNSはコンピュータにmybusiness.ddns.comなどの固定のドメイン名を割り当て、IPアドレスが変更されても自動的にコンピュータのIPアドレスを探し出します。外部インターネットからあなたのコンピュータにアクセスする場合は、例えばmybusiness.ddns.comというドメイン名を入力するだけで動的DNSが正しいIPアドレスにつなぎます。個人秘書が常にあなたの連絡先を把握しているといったような状況だとご理解ください。

ローカルエリアネットワーク(LAN)上のIPアドレス

このチュートリアルでは、IPアドレスについてコンピュータが直接インターネットに接続を行うかのように説明してきましたが、通常はそうではありません。ご家庭や職場の殆どは、ルーターを使ってインターネットに接続を行います。インターネットへの接続が行われると、コンピュータではなくルーターがISPにIPアドレスを要求します。ルーターを通すことで、コンピュータのネットワークは同じIPアドレスを共有してインターネット接続を行うことができます。

しかしながら、これはお使いのコンピュータにIPアドレスが割り振られないということではありません。ネットワークされたコンピュータを起動すると、コンピュータはルーターにIPアドレスを要求します。ルーターはお使いのコンピュータに動的IPを一時的に割り当て、インターネットへの接続やネットワーク内の他のコンピュータ機器との通信ができるようにします。

外部インターネットにコンピュータへの接続を許可するときがくると、ルーターは正しいコンピュータへ接続を開放するために、アプリケーションが入っているコンピュータを認識する必要があります。この作業が毎回スムーズに行われるために、このコンピュータに静的IPアドレスを割り当て、アプリケーションに対する外部からの要求を静的IPを持つ正しいコンピュータへ転送するようルーターを設定する必要があります。

設定には2つのステップがあります。まず、静的IPをコンピュータに割り当てます。これについては後で詳しく解説します。次に、ルーターが外部からの接続をこの静的IPに転送するよう設定します。これに関してはポート開放のチュートリアルで詳しく説明されています。

コンピュータに静的IPを割り当てる

静的IPの設定方法はオペレーティングシステムごとに異なります。画面右上に表示されているIPアドレスのチュートリアルから更に詳しい情報をご覧いただけます。

コンピュータに静的IPを割り当てる際はつぎの点にご注意ください。まず、最後の数字グループ以外はルーターから割り当てられた動的IPアドレスと同じアドレスを使用してください。次に、ルーターがネットワーク内の他のコンピュータ機器に割り当てる可能性があるIPアドレスは割り当てないでください。同じIPが割り当てられると、両方のインターネット接続が機能しなくなります。また、ルーターのIPアドレスをコンピュータに割り当てないようにしてください。

ポート

IPアドレスの準備が整った後は、外部インターネットからの要求をコンピュータに転送するためにもう1つの作業を行う必要があります。また電話の例を思い出してみてください。ある会社に電話をかけたところ、自動音声サービスが内線番号を入力するよう要求してきたとします。正しい電話番号にかけたものの、正しい相手に電話をつなげるには更に番号を特定する必要があるのです。相手先の内線番号が必要なのです。外部インターネットからコンピュータにアクセスする場合も同様で、正しいアプリケーションに繋ぐためのポート番号をコンピュータが要求します。

アプリケーションのポート番号は通常アプリケーションの説明書または設定セクションで見つかります。ルーターでポートを開放する際や、アプリケーションのファイアウォールに規則や例外を作成する際、このポート番号を使います。

外部インターネットからのコンピュータへのアクセスを行う際の設定についてご理解いただけましたでしょうか静的IPの入手は非常に重要で、他のチュートリアルをご覧頂く際にも役立ちます。ポートの開放、ファイアウォールの設定規則、STUN、DMZなどに関するチュートリアルは画面右上のリンクからご覧いただけます。


サーバベースソフトウェアに関するチュートリアル


IPアドレス
ルーター問題とポートの開放
ファイアウォール構成
STUN
用語集

このページは以下のソフトウェアに対応しています:


BroadCam動画ストリーミングソフト
BroadWave音声ストリーミングソフト
Express Invoice請求書作成ソフト
Express Accounts会計ソフト
Express Delegateディクテーション管理ソフト
AxonバーチャルPBXソフト
Express Talkソフトフォン
FlexiServer従業員管理ソフト
Inventoria在庫管理ソフト
IMS保留メッセージソフト
IVMIVM自動音声応答ソフト
Quorum電話会議ソフト
WebDictate Webディクテーションソフト

便利なリンク

ダウンロード
テクニカルサポート
ソフトウェアを購入
会社概要
ニュースレターを購読

トップ | アンインストール | プライバシー | 利用規約 | 特定商取引に基づく表記 | サイトマップ | ホーム
©NCH Software