NCHソフトウェアホームページ
ホーム | ダウンロード | サポート | 製品情報 | サイトマップ

どのような携帯型レコーダをExpress Scribe にドック(接続)できますか?

デジタルレコーダ

dssやmsv、dvfなど独自のフォーマットではなく、wavやmp3などの一般的な音声ファイルに録音できるタイプのレコーダが最適ではありますが、独自のフォーマットなどのファイルも読み込むことは出来ます。これから新しくレコーダを買われる場合は、wavやmp3での保存が可能なレコーダであることを確認されることをお勧めします。Express Scribeは以下を含むほぼ全ての携帯型レコーダとのドック(接続)が可能です:

  • Sanyo
  • Olympus
  • Sony
  • Lanier
  • Grundig
  • Philips
  • VoiceIt

マイクロカセット(アナログ)レコーダ

Express Scribeはオーディオケーブル接続を使ってアナログの録音機器から音声を読み込むことも可能です。

ポケットPC

Express Scribeは弊社の携帯用レコーダPocket Dictateを使って録音されたファイルを読み込むことができます。Pocket Dictateは標準的なポケットPCを使って録音することができます。

お持ちの携帯型レコーダにExpress Scribeが対応しているかどうかを確認したい場合は、実際にExpress Scribeをダウンロードしてレコーダをドック(接続)してみてください。Express Scribeには無料お試し期間がありますので、ご購入前に全ての機能をお試しいただけます(お気に召さなかった場合はご購入の必要はありませんのでご安心ください)。

 

試す: Express Scribe テープ起こしソフト
Express Scribe テープ起こしソフトを無料ダウンロード。実際に製品をお使いいただき、製品の機能や使い方をご確認ください。

無料ダウンロード

人気カテゴリ

録音ソフト
音声ソフト
テープ起こしソフト
動画ソフト

人気ソフト

WavePad 音声編集ソフト
Switch 音声ファイル変換ソフト
Express Burn ディスク書き込みソフト
Prism 動画ファイル変換ソフト
RecordPad 音声録音ソフト

トップ | 前に戻る Express Scribe テープ起こしソフト | プライバシー | 利用規約 | ホーム
© NCHソフトウェア