NCH ソフトウェア ホーム
ホーム | サポート | 製品情報 | サイトマップ

Express Scribe ソフトウェアの開発キット

これは、Express Scribe を他のソフトウェアまたは大きなシステムと統合するための、プログラマー向けソフトウェア開発キット(SDK) です。このページは、プログラマー向けに書かれています

現在、Express Scribe は、コマンドラインを使用して制御するようになっております。ファイルを開く/閉じる、ファイル送信、ファイル削除、および Express Scribe を前面または背面に表示の機能を持ち合わせております。コマンドラインオプションについての詳細は、下記に記載しております。

ディクテーション管理システムを開発している場合は、Express Dictate に Express Dictate API および Etools を統合して dct ファイルを管理する方法についてもご検討ください。

Express Scribe コマンドライン用途
Express Scribe の実行ファイル(exe)は、通常 "C:\Program Files\NCH Swift Sound\Scribe\scribe.exe" に保存されています。Win32 API 呼び出し WinExec を使用して、コマンドラインの実行をプログラム化することもできます。詳細は、Windows のドキュメントをご参照ください。コマンドの操作ができない場合は、コマンドラインのプロンプトを使用してテストしてください。

これらのオプションは、Express Scribe のバージョン 4.00 およびそれ以降のバージョンで使用することができます。

引数詳細
-exitExpress Scribe を終了させます
-backExpress Scribe を最小にします
-frontExpress Scribe を復元します
-delete現在選択しているファイルを削除します
-done現在選択しているファイルを閉じて完了リストに移動します
-dispatch現在選択しているファイルを送信します
-deletefile "[OriginalFilePath]"オリジナルのファイルパスから読み込んだファイルを削除します
-donefile "[OriginalFilePath]"オリジナルのファイルパスから読み込んだファイルに完了と記入します
-dispatchfile "[OriginalFilePath]"オリジナルのファイルパスから読み込んだファイルを送信します
-selectfile "[OriginalFilePath]"ディクテーション一覧から、指定したオリジナルのパスを持つファイルを検索し選択します。
"[LoadFilePath]"特定のファイルを読み込みます。ファイルのフルパスを指定してください。コンマでパスを囲んでください。

コマンドライン の例
"C:\Program Files\NCH Swift Sound\Scribe\scribe.exe" "C:\My Documents\MyDictation.dct"
- Express Scribe にて "C:\My Documents\MyDictation.dct" ファイルを開きます

"C:\Program Files\NCH Swift Sound\Scribe\scribe.exe" -front
- Express Scribe のウィンドウを開きます

"C:\Program Files\NCH Swift Sound\Scribe\scribe.exe" -donefile "C:\My Documents\MyDictation.dct"
- "C:\My Documents\MyDictation.dct" が既に開いていると仮定した場合、ファイルを閉じて完了と記入します。

Express Scribe のコマンドラインに別の機能を追加する場合
ご使用中のプログラム内で Express Scribe の他の機能を制御したい場合、ご連絡いただければ有料で機能を追加することができます。複雑さにもよりますが、通常US150ドル以上の費用が掛かります。見積りの依頼は、 www.nch.com.au/development/jp/ から行ってください。

その他の情報
お客様専用のソフトウェアの開発を行いたい場合、または、Express Scribe にかなりの量の変更を行いたい場合、当社は企業向けソフトウェア開発事業も提供いたしております。見積り依頼は、 www.nch.com.au/development/jp から行ってください。

また、少ない費用で、御社のロゴ等を入れてExpress Scribe をブランド化することも可能です( 詳細は、http://www.nch.com.au/reseller/jp をご覧ください)。

ソフトウェアと共に、 Express Scribe のインストールファイルを配布することができます(しかし、ファイルを変更したり、ヘルプファイルを未表示にすることはできません)。

便利なリンク

ダウンロード
よくある質問(FAQ)
テクニカルサポート
提案する
バグを報告

トップ | プライバシー | 利用規約 | ホーム
© NCH Software