NCHソフトウェアホームページ
ホーム | ダウンロード | サポート | 製品情報 | サイトマップ

通話モニタが音声を受信しません

以下の2つの原因が考えられます:

1. 通話モニタを使ったモニタリングが有効化されていない。 「オプション」画面の「ネットワーク」タブで「通話モニタ機能を使うと、通話中の音声を別の場所から聴くことができます。」のオプションにチェックを入れます。  ユーザー名とパスワードの設定が必要です。
2. デフォルトでVRSと通話モニタは音声のストリームにTCPポート264を使うよう設定されています。 VRSと通話モニタツールがこのポートへアクセスできるよう、お使いのファイアウォールを設定してください。 使用するポートは必要に応じて変更することが出来ます。詳しくは「通話モニタ/遠隔操作用のTCPポートを設定する」をご覧ください。

 

前に戻る VRS通話録音システム テクニカルサポート

試す: VRS通話録音システム
VRS通話録音システムを無料ダウンロード。実際に製品をお使いいただき、製品の機能や使い方をご確認ください。

無料ダウンロード

人気カテゴリ

録音ソフト
音声ソフト
テープ起こしソフト
動画ソフト

人気ソフト

WavePad 音声編集ソフト
Switch 音声ファイル変換ソフト
Express Burn ディスク書き込みソフト
Prism 動画ファイル変換ソフト
RecordPad 音声録音ソフト

トップ | 前に戻る VRS通話録音システム | プライバシー | 利用規約 | ホーム
© NCHソフトウェア