WavePad FFT周波数解析ソフト

パワフルな音声解析/音声編集ソフト

WavePadはプロ仕様の音声編集機能のほかに、高速フーリエ変換(FFT)および時間ベースの高速フーリエ変換(TFFT)を使って音声の周波数スペクトルを解析する機能を搭載しています。
主な機能
  • 音声スペクトル解析
  • 振動テストおよび振動分析
  • ノイズの検出と削除
WavePad音声編集ソフトをダウンロードWindows用WavePad音声編集ソフトをダウンロード
FFTが特定の部分の音声解析を行うのに対し、TFFTは音声クリップ全体の長さを対象に時間の経過に応じた解析を行います。こうした機能は言語学や数学、音響工学など様々な分野で使われています。

WavePadスペクトルアナライザフリーソフトをダウンロード

無料ダウンロード購入する

WavePad スペクトルアナライザソフトのスクリーンショット
音声解析ソフトのスクリーンショットはこちら
高度な音声解析機能
  • 音声全体または特定の時点のみの音声解析を行うことができます
  • FFTでは縦軸または横軸を元に拡大してグラフを細かく確認できます
  • TFFTはグラフ拡大の他にグラフの色の濃淡を指定することもできます
  • シンプルで直観的なグラフがより正確でわかり易い分析を可能にします
  • グラフはサンプルレートの半分の周波数と、0dBを上限とした強度を使って表示されます
  • ファイル内の移動やファイルの再生を行いながらリアルタイムでグラフの動きを確認できます(FFTは瞬時に解析、TFFTは音声を再生しながら解析)
  • WavePadが対応している形式の音声ファイルであればどれでも分析を行うことができます

FFTグラフ

FFT グラフは音声から少量のサンプルを取り、周波数(X軸、Hz単位)と強度(Y軸、dB単位)を示すグラフとして表示します。ステレオ音声の場合は2本の線が表示され、モノラルの場合は1本の線が表示されます。グラフに表示される周波数の範囲は0Hzからサンプルレートの半分、また強度の範囲は-128dBから0dBとなっています。

TFFTグラフ

TFFT グラフは音声の周波数スペクトラムを時間の経過を元に表示し、強度を色で表す形で表示します。X軸は時間(時時:分分:秒秒の形式)と音声の長さを表し、Y軸は周波数(Hz)と特定の時間の音声のスペクトルを表示します(FFTと同様に音声のサンプルレートの半分まで)。時間と周波数の各位置では強度がdB(デシベル)の値で産出されます(-128dB~0dB)。算出された値は強度を示す色(-128dBを黒、0dBを白とし、色が黒い程-128に近く、白い程0dBに近い)として表示されます。


WavePad FFT グラフ
周波数解析(FFT)
WavePad TFFT グラフ
時間周波数解析(TFFT)
WavePad音声編集(音声分析)ソフトのスクリーンショットはここをクリック>>>

音声解析ソフト


解析機能
編集機能
FFTグラフについて
TFFTグラフについて
無料ダウンロード
- Windows版
- Mac版
- iPhone版
- iPad版
- Android版(英)
- Kindle版(英)
よくある質問(FAQ)
サポートデスク
掲示板
価格を確認して購入

関連音声ソフト


多重録音ソフト
CDリッピングソフト
ディスク書き込みソフト
音声ファイル変換ソフト
ID3タグ編集ソフト
テスト信号生成ソフト
音声ストリーミングソフト
音声録音ソフト一覧
その他の音声ソフト...