NCHソフトウェアホームページ
ホーム | ダウンロード | サポート | 製品情報 | サイトマップ

ファイルサイズの制限

ディクテーションの長さに制限はありますか?

音声ファイルの最大サイズは様々な制限により異なります。


ファイルシステムの制限

最大ファイルサイズ

ハードドライブ(またはハードドライブのパーティション)は、各種のファイルシステムのうちいずれか1つを使ってフォーマットされています。 最大ファイルサイズはどのファイルシステムを使うかによって異なります。

ファイルシステム 最大ファイルサイズ
FAT16 約2GB
FAT32 約4GB
NTFS 約16TB

ドライブのファイルシステムは、Windowsエクスプローラでドライブを右クリックしてプロパティを選択すると確認できます。 このソフトウェアの作業フォルダのファイルシステムと、お使いのネットワーク共有フォルダのファイルシステムもご確認ください。

音声ファイルのサイズ

このソフトウェアは16ビットの非圧縮PCM WAVファイルを使って音声を内部に保存します。 こうした録音音声の保存に必要な1秒ごとのバイト数はサンプルレート(周波数とも呼ばれます)とチャンネル数により異なります。

サンプルレート 各チャンネルの1秒毎のバイト数
8KHz 16,000
16KHz 32,000
22KHz 44,100
44KHz 88,200

音声の長さの最大値

最大ファイルサイズに対する音声の最長時間の算出方法:

最大ファイルサイズ(バイト)÷(各チャンネルの1秒毎のバイト数×チャンネル数)=最長秒数

例:

2,147,483,648÷(88,200×2)=12,173
この計算により、FAT16ファイルシステムにフィットする44KHzステレオ録音の最長時間は約12,173秒(最長3.3時間)ということがわかります。

4,294,967,296÷(44,100×4)=24,347
同様に、FAT32ファイルシステムにフィットする22KHzの4チャンネル録音の最長時間は約24,347秒(最大6.7時間)ということがわかります。


ソフトウェアの制限

このソフトウェアは音声ファイル1つにつき最大2,147,483,647サンプルまで対応しています。 例えば44KHzのサンプルレートでは、約13.5時間分の音声が作成できます。


その他

メタデータ(ディクテーションメモなど)や添付ファイルが音声と同じファイル内に格納されており、ファイルがDCTフォーマットであった場合、ファイルのサイズが大きくなります。

 

前に戻る ExpressDictateディクテーションソフト テクニカルサポート

試す: ExpressDictateディクテーションソフト
ExpressDictateディクテーションソフトを無料ダウンロード。実際に製品をお使いいただき、製品の機能や使い方をご確認ください。

無料ダウンロード

人気カテゴリ

録音ソフト
音声ソフト
テープ起こしソフト
動画ソフト

人気ソフト

WavePad 音声編集ソフト
Switch 音声ファイル変換ソフト
Express Burn ディスク書き込みソフト
Prism 動画ファイル変換ソフト
RecordPad 音声録音ソフト

トップ | 前に戻る ExpressDictateディクテーションソフト | プライバシー | 利用規約 | ホーム
© NCHソフトウェア